牝馬三冠を昇進者でも分かりやすく簡単解説!歴代名馬や今後の注目馬も紹介

牝馬三冠 競馬雑学
この記事のリンクにはPRが含まれています。

牝馬三冠ってどんなレースを勝った馬のことを言っているの?

牝馬三冠を獲りそうな注目馬を知りたい!

ボートレースでは女性レーサー、競輪では女性選手が活躍し、男子選手のレースより売り上げを伸ばすほど大人気となっています。

競馬界では女性騎手?いやいや競馬だとやっぱり牝馬でしょ!

そこで牝馬として栄誉ある称号の「牝馬三冠」について詳しく解説していきます。

定義や対象レースはもちろん、注目馬や歴史的瞬間など面白味のある記事となっていますので、牝馬三冠に興味がある人はぜひご覧ください!

\イチオシの当たる競馬予想サイト3選/
1位 勝馬サプライズ
競馬予想サイト 勝馬サプライズ

maile

地方中央

南関

12/10 中山4R 97万円的中

今すぐ無料予想をもらう
2位 コトナラ
競馬予想サイト コトナラ

LINE

地方中央

南関

12/10 中山10R 74万円的中

今すぐ無料予想をもらう
3位 競馬ライク
競馬予想サイト 競馬ライク

毎日無料

地方競馬

高的中率

12/10 中京5R 65万円的中

今すぐ無料予想をもらう

牝馬三冠って何!?詳しく解説

牝馬三冠とは3歳牝馬限定である「桜花賞」「優駿牝馬」「秋華賞」の3つのレースを制した牝馬のことで、中央競馬の長い歴史の中で未だに6頭しか成し得ていません。

逆に牡馬しか出場できない3歳馬のG1レースが「皐月賞」「東京優駿」「菊花賞」で、3つとも勝った馬のことをクラシック三冠馬と呼びます。

牡馬の三冠馬をトリプルクラウン、対して牝馬三冠馬をトリプルティアラと、呼ぶ人もいますが意味は同じです。

牝馬三冠の定義と対象レースについて詳しく解説していきます。

牝馬三冠の定義

イギリスのクラシック三冠戦を参考にして、日本中央競馬界によって誕生した、3歳の牡馬・牝馬のみで行われるレースがあります。

そのうち3歳牝馬のみ出走可能なレース3つを制覇した馬に与えられる称号が牝馬三冠またはトリプルティアラです。

対象となるレースは?

対象レース 開催場 開催時期
桜花賞 阪神競馬場 4月第2日曜日
優駿牝馬(オークス) 東京競馬場 5月第3日曜日
秋華賞(旧エリザベス女王杯) 京都競馬場 10月第3日曜日

牝馬三冠の初戦となるのは桜花賞。

距離は1,600m、3歳牝馬のなかで一番スピードのある牝馬を選出するレースと言われています。

第二関門は優駿牝馬、オークスの相性で親しまれていますので、こちらの方が耳にする機会が多いでしょう。

距離は2,400m、3歳牝馬のなかでもっともスタミナのある牝馬を選出するレースと言われています。

最後の秋華賞は牝馬三冠の最後のレースとして1996年に作られました。

それまではエリザベス女王杯というレースが牝馬三冠の最終レースだったのですが、古馬も出場できるようになったため、新しく創設されたということです。

距離は2,000m、スピードとスタミナを兼ね備えた3歳牝馬の頂点を決める戦いです。

牝馬三冠に王手をかけて惜しくも敗れた名馬

  • 1976年 テイタニヤ(エリザベス女王杯4着)
  • 1987年 マックスビューティ(エリザベス女王杯2着)
  • 1993年 ベガ(エリザベス女王杯3着)
  • 2009年 ブエナビスタ(秋華賞3着)
  • 2022年 スターズオンアース(秋華賞3着)

牝馬三冠の歴史

それでは次に牝馬三冠の歴史について解説していきます。

思った以上に伝統と格式のあるレースです。

歴史を知ると今後牝馬三冠のレースを見る時に、これまでとは違った面持ちが現れますし、知人などにうんちくを披露できますよね!

それぞれの項目に分けて詳しく解説していきます。

牝馬三冠はここから始まった…

概要
1970年 牝馬限定のビクトリアカップを創設し桜花賞、優駿牝馬と合わせて牝馬三冠が誕生した
1975年 エリザベス女王が来日したことをきっかけにビクトリアカップをエリザベス女王杯と改称
1996年 エリザベス女王杯に古馬が出場できるように変更になったため、秋華賞が新設され現在の形となる

イギリスの競馬形式を模範としている日本競馬では、レースの形式も真似ているものが多いです。

クラシック三冠や牝馬三冠もイギリスの形式を周到しながらも、日本競馬・特に日本の牝馬にあった形式を尊重しながら設立され、現在の形で定着しています。

偉業を達成した歴代牝馬たち

  • 1986年 メジロラモーヌ
  • 2003年 スティルインラブ
  • 2010年 アパパネ
  • 2012年 ジェンティルドンナ
  • 2018年 アーモンドアイ
  • 2020年 デアリングタクト

長い歴史の中で牝馬三冠に輝いた馬はたったの6頭のみ!

そんな熾烈な戦いを勝ち抜き見事にレジェンド場となった6頭の牝馬をそれぞれ紹介していきます。

メジロラモーヌ

馬名 メジロラモーヌ
モガミ
メジロヒリュウ
馬主 メジロ牧場
騎手 河内洋
生年月日 1983年4月9日
受賞歴 1987年 JRA顕彰馬選出

1986年にJRA史上初の牝馬三冠に輝いたレジェンドです。

幼駒のころは周囲に期待されることもなく、最後まで引き取り先が見つからず翌年の7月に、やっと奥平真治が管理調教師となりました。

3歳になったころからバランスの良い馬体となり、初戦を迎える頃には単勝オッズ1.4倍という期待の大きさで、結果はその期待を軽く超える走りをみせ2着を20馬身も離す圧勝劇でした。

スティルインラブ

馬名 スティルインラブ
サンデーサイレンス
ブラダマンテ
馬主 ノースヒルズマネジメント
騎手 幸英明
生年月日 2000年5月2日
受賞歴 2003年 JRA最優秀牝馬

実に前回の三冠牝馬メジロラモーヌが達成して以来17年ぶり、史上2頭目の三冠牝馬となりました。

スティルインラブの三冠牝馬の対象レースで印象に残っているのが桜花賞です。

同じサンデーサイレンス産駒のアドマイヤグルーヴと人気を分けて、単勝オッズはお互いに3.5倍どちらが勝つか意見が真っ二つに割れたレースでした。

結果は2着のシーイズトウショウに1馬身1/4差を付けて、スティルインラブが制したレースとなりました。

アパパネ

馬名 アパパネ
キングカメハメハ
ソルティビッド
馬主 金子真人ホールディング
騎手 蛯名正義
生年月日 2007年4月20日
受賞歴 2010年 JRA最優秀3歳牝馬

2009年 JRA最優秀2歳牝馬

3頭目の牝馬三冠はアパパネです。

牝馬三冠の第二関門となるオークスでは、G1レースで史上初となる同着で1着となるドラマティックな展開でした。

ジェンティルドンナ

馬名 ジェンティルドンナ
ディープインパクト
ドナブリーニ
馬主 サンデーレーシング
騎手 岩田康誠
生年月日 2009年2月20日
受賞歴 2012年 2014年 JRA年度代表馬

2012年 JRA最優秀3歳牝馬

4頭目はジェンティルドンナです。

三冠牝馬となった後も目まぐるしい活躍をみせ、ジャパンカップでは前年の三冠クラシック馬のオルフェーベルを一騎打ちで打ち負かしました。

2014年には日本の競馬でもっとも注目されるレース有馬記念を制覇しています。

アーモンドアイ

馬名 アーモンドアイ
ロードカナロア
フサイチパンドラ
馬主 シルクレーシング
騎手 C.ルメール
生年月日 2015年3月10日
受賞歴 2018年 2020年 年度代表馬

2018年 JRA最優秀3歳牝馬

5頭目の牝馬三冠となったのはアーモンドアイ。

年度代表馬にも2度選ばれているまさに競馬界の顔となる活躍ぶりで、満票で受賞したのは2000年のテイエムオペラオー以来で、牝馬としては初の快挙となりました。

デアリングタクト

馬名 デアリングタクト
エピファネイア
デアリングバード
馬主 ノルマンディーサラブレッドレーシング
騎手 松山弘平
生年月日 2017年4月15日
受賞歴 2020年 JRA最優秀3歳牝馬三冠

6頭目はまだ記憶に新しいデアリングタクトです。

無敗での牝馬三冠達成は史上初、同世代の牝馬をバタバタとなぎ倒し栄冠に輝きました。

特に末脚が光るレースを見せており、直線で前の馬をごぼう抜きする様子は、見ていてとても気持ちが良いです。

今後の牝馬三冠への期待

長い歴史の中でもまだ6頭しか登場していない牝馬三冠ですが、その牝馬三冠となる瞬間は絶対に見てみたいですよね!

そこで今後の競馬で牝馬三冠が期待できる競走馬を紹介していきます。

予想がついている人も多いと思いますが、この牝馬しかいませんよね!

桜花賞とオークスを勝ち牝馬三冠に王手をかけ、この秋の秋華賞で牝馬三冠に挑むリバティアイランドです。

牝馬三冠を達成は目前!?有望な牝馬

リバティアイランドは前哨戦を挟まずに秋華賞へ直行します。

この流れは前回牝馬三冠のデアリングタクトと、その前の覇者アーモンドアイも同じ直行ローテーションで制覇していますので、より一層期待が高まります!

オークスでも全開の走りをみせ向かうところ敵なしの様相ですが、果たして競馬ファンの人気に応えられるのか?

あの末脚を見せられると三冠牝馬達成はかなり濃厚に思えますが果たして・・・!

今後の牝馬三冠が競馬界に与えるであろう影響

牝馬三冠を獲った競走馬が今後競馬界に与えるであろう影響を他の記事の引用を用いて紹介していきます。

最強女王アーモンドアイ引退で勢力図に変化!? これからの競馬界を牽引する有力馬はこれだ【2021年展望】

史上初となる芝G1・9勝を挙げたアーモンドアイは、ラストランのジャパンC(G1)で有終の美を飾ってターフに別れを告げた。

彗星のごとく現れた巨星がいなくなり、注目となるのは最強馬の後継者争いだ。そこで、来年の競馬界を牽引するであろう有力馬を、世代ごとにピックアップしてみたい。

まずは2歳世代の牡馬から。朝日杯FS(G1)を制したグレナディアガーズは7番人気での勝利。コンビを組んだ川田将雅騎手は、昨年のチャンピオンズC(G1)のクリソベリル以来、G1連敗が続いていたが、ついに終止符を打った。まるで憑き物が取れたかのように、ホープフルS(G1)をダノンザキッドで快勝し、来年のクラシック有力馬を手に入れた。

2頭の比較については、先行馬に有利な馬場状態と展開が大きく味方したグレナディアガーズより、皐月賞(G1)に直結する中山の芝2000mを横綱相撲で勝ち切ったダノンザキッドに分がありそうだ。

2歳牝馬についてはソダシの強さが際立った。着差こそ小さいが安定した先行脚質は魅力。突然変異の白毛馬シラユキヒメから繋がる血のロマンも含めて、期待したい馬である。

3歳世代は牡牝ともに無敗の三冠馬が誕生。秋競馬においてもこれといった上がり馬は出なかったが、強いて挙げれば菊花賞(G1)でコントレイルを追い詰めたアリストテレスか。ただ、コントレイル陣営は長距離戦について絶縁宣言とも受け取れる発言をしており、2頭が相見える舞台は中距離G1が濃厚と見られている。

牝馬はデアリングタクトと他の馬では、力の差がかなり大きい印象。よほどのことがなければ、三冠牝馬の優位は動かないだろう。

最も変化が大きそうなのは古馬だ。

筆頭はグランアレグリア。安田記念(G1)は真っ向勝負でアーモンドアイに完勝した。秋のマイルCS(G1)でも力の違いを見せつけたように現役最強馬に最も近い存在かもしれない。これまで短距離を中心に使われてきたが、管理する藤沢和雄調教師は、今の走りであれば中距離でも問題ないとコメントをしている。大目標は秋の天皇賞と考えられるが、春も大阪杯は候補に挙がってきそう。

これに対し、待ったをかけたいのは同じくサンデーR所属馬であるクロノジェネシスとフィエールマン。秋の天皇賞に続き、有馬記念でも3着以内に2頭が入ったようにトップクラスの実力を誇っている。

参考:GJ

牝馬三冠を獲りG1 9勝など偉業を達成したアーモンドアイの引退が、今後の競馬界に与える影響を予想した記事ですね。

確かに絶対軸がいなくなりますので、混沌とすることは間違いないと思います。

デアリングタクト陣営“異例の決断”は自信の表れ?「エピファネイア早熟説」からの抜け道も

「ノーザン系のクラブと違い、ノルマンディーTRには牝馬が6歳3月で引退するという規約はないようですね。実際に、同クラブ所属の6歳牝馬マリアズハートなどが今も現役で頑張っています。ただ、デアリングタクトは無敗で三冠を達成した名牝。大きな故障も経験しているので、無事に繁殖入りさせたいという声があるのも事実です。

今後のパフォーマンス次第のところはあると思いますが、正式に来年以降も走らせる決断を下せば、このクラスの牝馬としては異例となりますが、それは陣営の自信の表れといえるかもしれません」(競馬誌ライター)

そんなデアリングタクトだが、始動戦で立ち向かわなければいけない大きな課題が一つある。

それが父エピファネイアの早熟説だ。ポスト・ディープインパクトの筆頭とも呼ばれる父だが、産駒は古馬になってからスランプに陥るパターンが珍しくない。

産駒の通算重賞勝利は「10」を数えるが、9勝は3歳時までに挙げたもの。古馬になって挙げた唯一の重賞勝利もアリストテレスが4歳1月に記録したAJCC(G2)のみである。

もはや競馬ファンにとって共通の認識となりつつあるエピファネイア早熟説。デアリングタクト自身も三冠を達成した秋華賞を最後に勝っていないのも気になるところ。そして牡馬の代表産駒、エフフォーリアが4歳になってからまるで別馬のように低迷。さらに2頭ともに故障などで順調さを欠いた点も早熟説に追い打ちをかけている。

父の汚名返上を懸けて2頭が臨んだ6月の宝塚記念。完全に期待を裏切る形に終わったエフフォーリアに対し、デアリングタクトは人気を上回る3着に好走。早熟説の払拭には至らなかったが、何とか面目を保った。

参考:GJ

牝馬三冠を獲得したデアリングタクトですが、3歳馬限定ということもあり早熟の競走馬が有利で、牝馬三冠を獲得した後のレースを不安視する記事ですね。

確かに血統によっては牝馬三冠だからと言って信頼しきって購入するということは止めておいた良さそうです。

[重賞回顧]牝馬三冠すらも通過点か。歴史的圧勝を演じたリバティアイランドが描き出す、最強馬への道のり。~2023年・オークス~

6週連続GⅠ開催もあっという間に折り返しを迎え、年間で最も盛り上がる2週間に突入した。

その第一弾が、牝馬三冠第2戦のオークス。若き乙女にとって、2400mという距離はまだまだ過酷で、2012年のジェンティルドンナを除けば、接戦になることも多いレース。それでも、2023年のオークスは、圧倒的な支持を集めた桜花賞馬が、どれほどの内容で勝利するかという点にのみ主眼が置かれたレースといっても過言ではなかった。

その1番人気に推されたのがリバティアイランド。デビュー戦で、史上最速タイの上がり3ハロン31秒4をマークして勝利すると、アルテミスS2着を挟み、阪神ジュベナイルフィリーズを完勝。そこから休み明けで臨んだ桜花賞も、直線だけで15頭をごぼう抜きするという圧巻の走りで、2つ目のビッグタイトルを獲得した。その前走以上に直線が長い東京競馬場は、持ち味の末脚がさらに活かせそうな舞台。二冠達成は、もはや既成事実かと思うほど、断然の支持を集めていた。

大きく離された2番人気にハーパー。初戦こそ、今回も対戦するイングランドアイズに惜敗したものの、未勝利戦とクイーンCを連勝。重賞初制覇を達成した。続く桜花賞は4着に敗れるも、ハーツクライ産駒で、距離延長はむしろ歓迎材料。リバティアイランドは、2014年の桜花賞馬ハープスターと共通点が多いといわれているが、絶対的存在と思われた同馬をオークスで撃破したのは、ハーパーと同じハーツクライ産駒のヌーヴォレコルト。そんな過去もあってか、大きな期待を背負っていた。

3番人気に推されたのがコナコースト。新馬戦を勝利して以降、3戦とも2着と惜敗が続いているものの、チューリップ賞は勝ち馬とハナ差の大接戦。さらに、前走の桜花賞も早目先頭からギリギリまで粘り、あわやの場面を作っていた。今回は、短期免許で来日中のレーン騎手を鞍上に迎え必勝態勢。好調のキタサンブラック産駒から牝馬初のGⅠ馬が誕生するかも、注目点の一つだった。

以下、トライアルのフローラSを逃げ切ったゴールデンハインド。そのフローラSで2着に惜敗したソーダズリングの順で、人気は続いた。

レース概況

ゲートが開くと、ドゥアイズが出遅れた以外は、ほぼ揃ったスタート。その中から飛び出したのはライトクオンタムとキミノナハマリアで、これにイングランドアイズも加わり、ラヴェルと合わせ、4頭が先行集団を形成した。

そこから2馬身差でゴールデンハインドが続き、1馬身半差の中団にレミージュとリバティアイランドが位置。これを見るようにしてハーパーとシンリョクカが併走し、桜花賞の雪辱を期すコナコーストは、後ろから6頭目に位置していた。

前半1000m通過は1分0秒0で、平均ペース。逃げるライトクオンタムから最後方のドゥアイズまでは20馬身弱の差で、縦長の隊列となった。

その後、上位人気馬の位置取りに大きな変化はなく、勝負所の3~4コーナー中間を過ぎても、依然として隊列は縦長のまま。続く4コーナーで、単独5番手を追走していたゴールデンハインドが先団に取り付こうとする中、レースは最後の直線勝負を迎えた。

直線に入ると、ライトクオンタムに馬なりで並びかけたラヴェルが坂下で先頭。しかし、馬場の中央へと持ち出されたリバティアイランドが、こちらも持ったままで2番手に上がり、残り200の標識を迎える直前で、先頭に躍り出た。

そこから後続との差が徐々に開きはじめ、早くも焦点は2着争いに。懸命に粘るラヴェルに襲いかかったのは、ハーパーとドゥーラ、シンリョクカ、ヒップホップソウルで、最終的にはハーパーとドゥーラの争いに絞られるも、リバティアイランドは、そのはるか前で独走態勢を築いていた。

結局、リバティアイランドは後続に6馬身も大差をつけ、悠々と先頭ゴールイン。接戦の2着争いを制したのはハーパーで、クビ差3着にドゥーラが続いた。

良馬場の勝ちタイムは2分23秒1。歴史的圧勝劇を演じたリバティアイランドが二冠を達成。史上最強馬の誕生すら予感させるパフォーマンスで、三冠に王手をかけた。

参考:ウマフリ

牝馬三冠を圧倒的パフォーマンスで制してきたリバティアイランド。

牝馬三冠を獲った馬の中でも、内容の良いレースで獲得していますので、今後の走りにも期待して良いと感じました。

要チェック!おすすめの競馬予想サイト(完全無料で利用可)

「マジで競馬って当たらんな〜」
「誰か予想家とか予想サイトとか誰でもいいから無料で手に入る良質な予想ないの?」

そうは思ったことありませんか?

なかなか自分の実力をあげるのは難しいですよね。

そんな中プロが予想したもの無料で見れるとしたら参考にしたいとは思いませんか?

ネット上には多くの競馬予想サイトがあり、現在稼働しているものの中でも100サイトはゆうに超えているとされています。

私たちウマトピ編集部はそれらのサイトを細かくデータを元に検証し、時には無料プランに参加し時には有料プランに参加し、本当によく当たる競馬予想サイトをリスト化することに成功しました!

そんな中で無料で活用できるサイトを3つピックアップしたのでご紹介します。

TOP3に共通した3つのポイント

  • 登録も非常に簡単!30秒で完了!
  • 地方競馬も対応しており毎日無料で予想が見れる!
  • もっと的中金額が見込める予想を狙いたい方は有料プランで平均30万から100万円の的中プランに参加もできる!

おすすめ①:勝馬サプライズ

競馬予想サイト勝馬サプライズ
\最近人気のプラン/ プラン名 今すぐ参加する
最新的中情報
情報名 生きる伝説
日程 2023-12-10
レース名 中山4R
的中額 977,940円

勝馬サプライズは立ち上げ間もないながら好成績をの収める要注目の競馬予想サイトです。

その安定性と安心感で今の予想サイト界に期待値爆上がりの状態で登場!

無料予想のクオリティも高くまずは無料で実力を確かめてみるのも一つの手です!

長年運営してた!?と思うぐらいの安心感!安定して連続的中を出してくれるのでコンスタントに使うことができます。

それぞれの予想に相当な自信があるんだろうなというのを凄い感じる!それだけに配当もしっかり担保してくれるのでリピは確定かな

勝馬サプライズ検証記事 \今ならプレミア5大特典をプレゼント/ 勝馬サプライズに無料登録

おすすめ②:競馬のコトナラ

競馬予想サイト競馬のコトナラ
\最近人気のプラン/ プラン名 今すぐ参加する
最新的中情報
情報名 ターゲット50
日程 2023-12-10
レース名 中山11R
点数 3連単12点
的中額 748,480円

競馬のコトナラは2023年にできたばかりの巷で話題沸騰中の競馬予想サイトです。

実際にはなかなか当たらない競馬予想サイトが蔓延している中で予想サイト界に衝撃を与える的中率を誇ります。

無料予想のクオリティも高くまずは無料で実力を確かめてみるのも良いかもしれません!

この競馬予想サイトは、他のサイトよりも的中率が高いように感じます。まだ全て当たったわけではないですが、少なくとも他のサイトよりも頻繁に的中している印象です。

なんかキャラクターに愛着沸くww微妙にキモイキャラもいるけどwなんかそこを凝ってるだけでも好印象だよね!

おすすめ③:競馬ライク

競馬予想サイト競馬ライク
\最近人気のプラン/ プラン名 今すぐ参加する
最新的中情報
情報名 BBブラッドバレッド
日程 2023-12-10
レース名 中京5R
点数 3連単10点
的中額 653,050円

ウマトピ編集部がおすすめしたいのはこちらの競馬ライク。

365日無料で競馬予想がもらえるサイトはそう多くはありません。

そんな中回収率、的中率ともに安定して出せる競馬ライクはいわゆる"つわもの"だという他ありません。完全無料で一度お試しあれ。

まず,値段設定が良心的!これがありがたい。有料に参加するハードルが低いよ!

こないだ無料予想に参加したけど10万越えの配当貰った!無料だからウハウハ♪

まとめ

今回は三冠牝馬について詳しく解説してきました。

三冠牝馬とは

  • 桜花賞
  • 優駿牝馬(オークス)
  • 秋華賞

3歳牝馬限定の3つのレースを制覇した馬のことです。

そして未だに6頭しか三冠牝馬は誕生していません。

その6頭はこちら

  • 1986年 メジロラモーヌ
  • 2003年 スティルインラブ
  • 2010年 アパパネ
  • 2012年 ジェンティルドンナ
  • 2018年 アーモンドアイ
  • 2020年 デアリングタクト

三冠牝馬が誕生すると、その馬を中心に競馬界が回っていくと言っても過言ではないほど、大きな影響を与えます。

馬券にも大きな影響を与えますので、ぜひ三冠牝馬に注目してください!

しゅん
投稿者:しゅん

基本的にデータで物事を見ることが趣味。非合理的なことは嫌いで元々競馬は意味のないものだと思っていただが友人きっかけで始めたことでどうしたら勝てるかを日々勉強中。